人にもやさしい鳩対策を選ぶなら「バードストップ」がおすすめ 人にもやさしい鳩対策を選ぶなら「バードストップ」がおすすめ

専門知識が必要になるバードストップの施工

バードストップの施工内容

男性作業員

バードストップの効果を正しく持続させるためには専門知識が不可欠なので、鳩対策業者に依頼します。民家の屋根やベランダなどはもちろんのこと、病院やマンションの屋上など広い場所も対策できます。依頼〜施行までどんな流れで進むのか、基本的な作業内容を一通り見ておきましょう。

バードストップの施工の流れ

問い合わせ

バードストップの施行実績が豊富な会社をインターネットなどで調べて、直接電話もしくは問い合わせフォームから相談しましょう。

施工方法・日程の確認

具体的な施行方法の説明を受けて、現地作業の日程を決めましょう。バードストップに関して疑問に感じることや作業面での不安があれば、この時点で確認します。

糞掃除・施工

対象箇所のフン掃除をした後にバードストップを設置します。とくに汚れがひどい箇所はオプションで消毒、清掃をお願いできるので、状態に合わせて検討しましょう。

経過調査(1回目)

施行から1〜2週間あたりで、1回目の経過調査を行ないます。効果が出てくるまでには2〜3週間かかるのが通常なので、この時点で100%の成果が出ていなくても大きな問題はありません。

経過調査(2回目)

施行から数ヶ月経ったあたりで、2回目の経過調査を行ないます。巣立ったひな鳥が帰ってくることはないか、新しく出来た巣はないかなど、現場の状況を確認します。

メンテナンス

3年間のアフターフォロー期間を設けているため、再飛来が見られる場合は相談します。工事代金の1〜2割の料金でメンテナンス契約もできるので、状況に合わせて検討しましょう。

鳩を傷つけない対策が重要

ハトの集団

鳩は鳥獣保護法で守られている対象とされるため、エアガンや水鉄砲などで攻撃して殺傷すると、鳥獣保護法違反で罰せられます。直接的な攻撃は動物虐待にあたるため、バードストップを使って寄せ付けない環境を作るなど直接的な被害が出にくい鳩対策を考えましょう。農薬などで追い払う方法も鳩の身体に影響が出やすく、鳥獣保護法違反が心配です。

専門業者だからこそできる鳩対策

鳩対策業者は複数の選択肢の中から高い駆除効果が期待される方法を選び、鳩が寄り付かない環境を作っていきます。鳩は賢い鳥なので一定期間たった後に舞い戻ってくる可能性がありますが、アフターフォローがある会社に依頼すれば安心です。バードストップのように確実性の高い鳩対策で、確実なトラブル防止を考えましょう。

TOPボタン